, ↓こんな面白いガイアプロジェクトにはまったきっかけは、こちらのボードゲームカフェLevelさんです↓, ボードゲーム歴11年の旦那(ぺーさん)と9年の嫁(あすなん)という20代夫婦です。, ボドゲと全く関係なく意気投合して仲良くなったらお互いボドゲ好きだったという奇跡。 旦那(ぺーさん)は先月テラミスティカ:ガイアプロジェクトを初プレイして以来すっかりハマってしまい、今は寝ても覚めてもガイアのことばかり考えています笑, まだまだ3戦しかできてませんが、色々と言いたいことが抑えられないので、愛をこめてプレイ記を書いてみたいとおもいます!!, いやぁ、ほんとに旦那はガイアにハマりまくってるので、このプレイ記シリーズ化されることが予想されます。, 記念すべき人生初ガイアのお供になってくれたのは、お金で何でも解決する!資本主義の権化!赤い鳥人ハッシュ・ホラ人でした!, 1時間以上にわたる長いインストが終わり、14もある種族の中から「何かとお金で解決できるのは楽かなー」と思ってハッシュ・ホラ人を選んだらいざプレイ開始!, とりあえず序盤に建物をたくさん建て、収入を増やすのが大事かなと思ったので3鉱石使って隣の惑星を開拓したのですが、これがとんでもない大悪手でした。。, 初期配置からちょうど3距離の位置に母星があったのですが、最初にもらえるQIC(緑キューブ)で2距離伸ばせることを完全に失念していたのです。, 最初に鉱石を使いすぎたため、建物が建てられない、改築できないと負のスパイラルに陥ることに。。。, 続いて第2戦のお供は「ちょっとUFO飛ばしたいなー」ということで選んだ地球人です!, この地球人、地球人の癖にガイアフォーマーというUFO型の乗り物で宇宙を飛び回るとんでもない奴なのです。, 何故UFOを飛ばしたくなったかと言うと、最終得点のお題にガイア惑星の入植数があったからなのですが、結果的にはこれが大ハマり。, UFOを飛ばすために使ったパワー駒は1エリアではなく2エリアに帰ってきますし、首府を開設した後は帰ってくるパワー駒の数に応じて資源がもらえます。, この地球人の特性を生かして第1ラウンドから積極的にUFOを飛ばしまくった結果、同じくガイア開発が得意なグリーン人とのガイア開拓競争に打ち勝ち、ガイア惑星の入植数で見事1位をゲットしました!, このアンバス人、首府能力で首府と鉱山の場所を入れ替えることができるため、自由自在に同盟を作ることができます。, 今回のお題は建物数と同盟に使った建物数ということで、たくさん建物をばら撒いて同盟を作れるアンバス人を選択しました。, が、しかし…。いざ始まってみるとパワーが全然もらえない。それもそのはず、私の置いた初期鉱山のとなりにダー・シュワーム人の初期首府がデーンと置かれてしまったのです!, そこで「パワーがもらえないならUFOを飛ばせばいいじゃない」とばかりに方向転換し、UFO獲得とガイア開拓に向かいます。, お陰様でパワーアクションは全く打てなくなりましたが、ラウンド得点でガイア入植が2回出ていたこともあり、それなりに得点を伸ばせるようになりました。, ただし、惑星改造の技術が上げられなかったのとパワーアクションが打てなかったので開拓はあまり進められず。, でも最終ラウンドでガイア入植×2点の上級技術タイルとガイア技術のゴールで一気に22点取れたのは爽快でした。, ダー・シュワーム人の進撃を止められず、独走されてしまいましたが、個人的には2回連続の150点越え!, 「3回目で150点出せるのは普通に上手いですよ」と言われたので、少しいい気になってます笑, ガイアさせてくださる方はTwitter(@pepepeboardgame)にご連絡ください!, 種族ごとの戦略についてのレビューも書き始めましたのでよければ合わせてご覧ください!, // , ↓こんな面白いガイアプロジェクトにはまったきっかけは、こちらのボードゲームカフェLevelさんです↓, ボードゲーム歴11年の旦那(ぺーさん)と9年の嫁(あすなん)という20代夫婦です。, ボドゲと全く関係なく意気投合して仲良くなったらお互いボドゲ好きだったという奇跡。 旦那(ぺーさん)は先月テラミスティカ:ガイアプロジェクトを初プレイして以来すっかりハマってしまい、今は寝ても覚めてもガイアのことばかり考えています笑, まだまだ3戦しかできてませんが、色々と言いたいことが抑えられないので、愛をこめてプレイ記を書いてみたいとおもいます!!, いやぁ、ほんとに旦那はガイアにハマりまくってるので、このプレイ記シリーズ化されることが予想されます。, 記念すべき人生初ガイアのお供になってくれたのは、お金で何でも解決する!資本主義の権化!赤い鳥人ハッシュ・ホラ人でした!, 1時間以上にわたる長いインストが終わり、14もある種族の中から「何かとお金で解決できるのは楽かなー」と思ってハッシュ・ホラ人を選んだらいざプレイ開始!, とりあえず序盤に建物をたくさん建て、収入を増やすのが大事かなと思ったので3鉱石使って隣の惑星を開拓したのですが、これがとんでもない大悪手でした。。, 初期配置からちょうど3距離の位置に母星があったのですが、最初にもらえるQIC(緑キューブ)で2距離伸ばせることを完全に失念していたのです。, 最初に鉱石を使いすぎたため、建物が建てられない、改築できないと負のスパイラルに陥ることに。。。, 続いて第2戦のお供は「ちょっとUFO飛ばしたいなー」ということで選んだ地球人です!, この地球人、地球人の癖にガイアフォーマーというUFO型の乗り物で宇宙を飛び回るとんでもない奴なのです。, 何故UFOを飛ばしたくなったかと言うと、最終得点のお題にガイア惑星の入植数があったからなのですが、結果的にはこれが大ハマり。, UFOを飛ばすために使ったパワー駒は1エリアではなく2エリアに帰ってきますし、首府を開設した後は帰ってくるパワー駒の数に応じて資源がもらえます。, この地球人の特性を生かして第1ラウンドから積極的にUFOを飛ばしまくった結果、同じくガイア開発が得意なグリーン人とのガイア開拓競争に打ち勝ち、ガイア惑星の入植数で見事1位をゲットしました!, このアンバス人、首府能力で首府と鉱山の場所を入れ替えることができるため、自由自在に同盟を作ることができます。, 今回のお題は建物数と同盟に使った建物数ということで、たくさん建物をばら撒いて同盟を作れるアンバス人を選択しました。, が、しかし…。いざ始まってみるとパワーが全然もらえない。それもそのはず、私の置いた初期鉱山のとなりにダー・シュワーム人の初期首府がデーンと置かれてしまったのです!, そこで「パワーがもらえないならUFOを飛ばせばいいじゃない」とばかりに方向転換し、UFO獲得とガイア開拓に向かいます。, お陰様でパワーアクションは全く打てなくなりましたが、ラウンド得点でガイア入植が2回出ていたこともあり、それなりに得点を伸ばせるようになりました。, ただし、惑星改造の技術が上げられなかったのとパワーアクションが打てなかったので開拓はあまり進められず。, でも最終ラウンドでガイア入植×2点の上級技術タイルとガイア技術のゴールで一気に22点取れたのは爽快でした。, ダー・シュワーム人の進撃を止められず、独走されてしまいましたが、個人的には2回連続の150点越え!, 「3回目で150点出せるのは普通に上手いですよ」と言われたので、少しいい気になってます笑, ガイアさせてくださる方はTwitter(@pepepeboardgame)にご連絡ください!, 種族ごとの戦略についてのレビューも書き始めましたのでよければ合わせてご覧ください!, // , ↓こんな面白いガイアプロジェクトにはまったきっかけは、こちらのボードゲームカフェLevelさんです↓, ボードゲーム歴11年の旦那(ぺーさん)と9年の嫁(あすなん)という20代夫婦です。, ボドゲと全く関係なく意気投合して仲良くなったらお互いボドゲ好きだったという奇跡。 旦那(ぺーさん)は先月テラミスティカ:ガイアプロジェクトを初プレイして以来すっかりハマってしまい、今は寝ても覚めてもガイアのことばかり考えています笑, まだまだ3戦しかできてませんが、色々と言いたいことが抑えられないので、愛をこめてプレイ記を書いてみたいとおもいます!!, いやぁ、ほんとに旦那はガイアにハマりまくってるので、このプレイ記シリーズ化されることが予想されます。, 記念すべき人生初ガイアのお供になってくれたのは、お金で何でも解決する!資本主義の権化!赤い鳥人ハッシュ・ホラ人でした!, 1時間以上にわたる長いインストが終わり、14もある種族の中から「何かとお金で解決できるのは楽かなー」と思ってハッシュ・ホラ人を選んだらいざプレイ開始!, とりあえず序盤に建物をたくさん建て、収入を増やすのが大事かなと思ったので3鉱石使って隣の惑星を開拓したのですが、これがとんでもない大悪手でした。。, 初期配置からちょうど3距離の位置に母星があったのですが、最初にもらえるQIC(緑キューブ)で2距離伸ばせることを完全に失念していたのです。, 最初に鉱石を使いすぎたため、建物が建てられない、改築できないと負のスパイラルに陥ることに。。。, 続いて第2戦のお供は「ちょっとUFO飛ばしたいなー」ということで選んだ地球人です!, この地球人、地球人の癖にガイアフォーマーというUFO型の乗り物で宇宙を飛び回るとんでもない奴なのです。, 何故UFOを飛ばしたくなったかと言うと、最終得点のお題にガイア惑星の入植数があったからなのですが、結果的にはこれが大ハマり。, UFOを飛ばすために使ったパワー駒は1エリアではなく2エリアに帰ってきますし、首府を開設した後は帰ってくるパワー駒の数に応じて資源がもらえます。, この地球人の特性を生かして第1ラウンドから積極的にUFOを飛ばしまくった結果、同じくガイア開発が得意なグリーン人とのガイア開拓競争に打ち勝ち、ガイア惑星の入植数で見事1位をゲットしました!, このアンバス人、首府能力で首府と鉱山の場所を入れ替えることができるため、自由自在に同盟を作ることができます。, 今回のお題は建物数と同盟に使った建物数ということで、たくさん建物をばら撒いて同盟を作れるアンバス人を選択しました。, が、しかし…。いざ始まってみるとパワーが全然もらえない。それもそのはず、私の置いた初期鉱山のとなりにダー・シュワーム人の初期首府がデーンと置かれてしまったのです!, そこで「パワーがもらえないならUFOを飛ばせばいいじゃない」とばかりに方向転換し、UFO獲得とガイア開拓に向かいます。, お陰様でパワーアクションは全く打てなくなりましたが、ラウンド得点でガイア入植が2回出ていたこともあり、それなりに得点を伸ばせるようになりました。, ただし、惑星改造の技術が上げられなかったのとパワーアクションが打てなかったので開拓はあまり進められず。, でも最終ラウンドでガイア入植×2点の上級技術タイルとガイア技術のゴールで一気に22点取れたのは爽快でした。, ダー・シュワーム人の進撃を止められず、独走されてしまいましたが、個人的には2回連続の150点越え!, 「3回目で150点出せるのは普通に上手いですよ」と言われたので、少しいい気になってます笑, ガイアさせてくださる方はTwitter(@pepepeboardgame)にご連絡ください!, 種族ごとの戦略についてのレビューも書き始めましたのでよければ合わせてご覧ください!, //
error: Content is protected !!